HIRANO 津山第一病院

トップページ

診療科のご案内

外来時のご案内

診療時間表

入院時のご案内

人間ドックのご案内

病院案内

法人案内

お問い合わせ

医療機関向け CT / MRI 検査予約



回復期リハビリテーション病棟のご案内

看護部ページ

職員募集



ERセンター

カルテ開示について



病院へのアクセス



CAFE BONHEUR



契約入札情報

健康ひろば 正しい知識を身につけよう!! TSUYAMA DAIICHI HOSPITAL
高血圧について


高血圧とは?

日本では、約700万人の人が治療を受けられている疾患です。
日本人の高血圧は大部分が原因の特定できない本能性高血圧とよばれる高血圧で、原因の分かる二次性高血圧は全体の1割にも満たないのが現状です。
高血圧は自覚症状がはっきり現れにくく、人によっては『肩こりがひどくなった』とか『頭痛がするようになった』と言われる方もいらっしゃいます。ですが、症状だけでは判別不能です。
高血圧を見つけるためには定期的な血圧測定が欠かせません。
また、定期健診で血圧が高いから『精密検査を受けるように』といわれても、自覚症状がないからと放置する人もいらっしゃいますが、そのまま放置すると動脈硬化になったり、虚血性心疾患(狭心症心筋梗塞)や脳卒中等、命に関わる病気になる恐れがあることを忘れないようにしましょう。

血圧の目標値は?
 
家庭で血圧をはかりましょう
外来での収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上持続する場合を高血圧といいます。 家庭血圧をはかると、健康状態についてのさまざまな情報が分かります。長時間継続して測定することが大切です。
手首用、指先用の血圧計は誤差が出やすいのでできるだけ上腕用を使いましょう。
収縮期血圧(最高血圧) 心臓が収縮して血液を送り出し、血管の圧力が高くなったときの血圧。
拡張期血圧(最低血圧) 心臓が拡がって血液を心臓に取り込み、血管の圧力が低くなったときの血圧。

目標とする血圧は年齢や合併症によっても違いますが、まずは収縮期血圧140mmHg未満、かつ拡張期血圧90mmHg未満を目指しましょう。糖尿病や腎障害がある場合はさらに低い値を目指します。

高齢者 140/90mmHg未満
若年・中高年 130/85mmHg未満
糖尿病患者・腎障害患者 130/80mmHg未満

 

はかるポイント
朝と夜に座って測定。椀帯は心臓の高さに。(手首や指のタイプの場合は測定部分が心臓の高さになるように特に注意)
朝の場合
夜の場合

・起きてから1時間以内に
・排尿をすませてから
・食事をしたり、薬を飲む前
・ 1~2分座って安静にした後

・就床前1~2分
・座って安静にした後

血圧をはかりましょう



詳しくはこちらをクリック!→食事・運動療法について

健康ひろばTOPへもどる
トップページへ戻る


救急・労災指定病院 岡山県 胃・大腸がん・乳がん精密検診施設

内科・循環器内科・心臓血管外科・呼吸器内科・整形外科・リハビリテーション科・形成外科・放射線科・麻酔科
乳腺外科・大腸・肛門外科・消化器内科・消化器外科・内視鏡外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・脳神経外科・外科


医療法人 平野同仁会 総合病院津山第一病院
〒708-0871 岡山県津山市中島438番地TEL(0868)28-2211 FAX(0868)28-2280
E-mail:info@tsuyama-1sthp.jp http://tsuyama-1sthp.jp
     PRIVACY POLICY
Copyright 2005 TSUYAMA DAIICHI HOSPITAL.All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.