HIRANO 津山第一病院

トップページ

診療科のご案内

外来時のご案内

診療時間表

入院時のご案内

人間ドックのご案内

病院案内

法人案内

お問い合わせ

医療機関向け CT / MRI 検査予約



回復期リハビリテーション病棟のご案内

看護部ページ

職員募集



ERセンター

カルテ開示について



病院へのアクセス



CAFE BONHEUR



契約入札情報

健康ひろば 正しい知識を身につけよう!! TSUYAMA DAIICHI HOSPITAL

糖尿病を見逃していませんか?
  あなたには、以下の項目がいくつあてはまりますか?

   □血糖が高いと言われたことがある
   □肥満気味である
   □高血圧といわれて、薬を飲んでいる
   □糖尿病の親、兄弟、姉妹がいる
   □40歳以上である
   □外食が多い
   □野菜をあまり食べない
   □あまり運動をしない
   □車に乗る機会が多い
   □妊娠時に尿から糖がでたといわれた
血糖が高いと言われたことがある方、またはその他の項目がいくつかあてはまる方は、糖尿病の可能性が高いので、早急に検査を受け、合併症をおこさないように、適切な治療をうけましょう。
日本では、糖尿病の人は740万人もいるとされていますが、その半数近くの方が検査を受けていないため、全く治療されていない状態にあります。
糖尿病を放置しておくと、失明(糖尿病はその原因の第一位)や、腎不全(糖尿病は透析導入原因の第一位)、脳卒中心筋梗塞などをおこす可能性が高くなります。何かしら症状が出てから治療しても、すでに手遅れのことがあります。
検査で「血糖が高い」と言われたあなたへ。「血糖が高い」=糖尿病が強く疑われます。 「血糖が高い」人は、治療が必要です。「血糖」や「尿糖」異常を指摘された方は、精密検査を受けましょう。
40歳以上の4人に1人は糖尿病が疑われます。糖尿病の検診を、職場や地域で年1回必ず受けましょう。「血糖が高く」ても、症状はほとんどありません。ただし放置すると様々な合併症がじわじわと悪化します。

  失明・・・年間3500人以上
  人工透析導入・・・年間13000人以上
  足の切断・・・年間3000人以上
定期的に診察を受けましょう
生活習慣を変えることが糖尿病治療の第一歩。
食事療法運動療法も大切な治療の一環です。
糖尿病と上手につきあいましょう。





トップページへ戻る


救急・労災指定病院 岡山県 胃・大腸がん・乳がん精密検診施設

内科・循環器内科・心臓血管外科・呼吸器内科・整形外科・リハビリテーション科・形成外科・放射線科・麻酔科
乳腺外科・大腸・肛門外科・消化器内科・消化器外科・内視鏡外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・脳神経外科・外科


医療法人 平野同仁会 総合病院津山第一病院
〒708-0871 岡山県津山市中島438番地TEL(0868)28-2211 FAX(0868)28-2280
E-mail:info@tsuyama-1sthp.jp http://tsuyama-1sthp.jp
     PRIVACY POLICY
Copyright 2005 TSUYAMA DAIICHI HOSPITAL.All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.