看護部 概要

看護部長
看護部長
王野 茂美
ごあいさつ
 津山第一病院の看護師は患者さんへやさしく声をかけ、痛いとき苦しいときに適切にケアすることで、「私や家族が受けたい看護」を目指しています。そして、地域の方々が健康で生きがいを持って、住み慣れた場所でその人らしく生活できるよう支援しています。

 看護師教育は、4年前から鳥取大学医学部附属病院の新人研修に参加させていただき、実際の看護業務に自信をもって携わることができています。また、ティーチングナースの養成や管理者の教育についても鳥取大学と連携したシステムを構築して人材育成に努めています。
看護部 理念
 私たち看護者は病院の理念を遵守するとともに、看護倫理を行動規範とし、患者さまお一人お一人のその人らしさを、いかなる状況においても遵守いたします。
 また、患者さまやご家族の方々の気持ちを自分に置き換えて、自分がして欲しいと思うことを、可能な限り実践いたします。
 私たちの到達目標は、患者さまやご家族の方々に〈この病院に来て良かった〉と実感していただくことです。
看護宣言
1.笑顔であいさつをします。
1.「私や家族が受けたい看護」を提供します。
1.専門職として自己研鑽します。
平成30年度看護部活動方針

 スローガン

患者さん、ご家族の方、スタッフが住みなれた地域でその人らしく暮らすことを支える看護の実践

 目標

1.看護の質を向上し褥瘡発生を防止することで患者さん・ご家族の方・看護師の満足を得る
2.退院後に自宅や施設で安心して生活できることで、患者さん・ご家族の方・看護師の満足を得る
3.働き続ける魅力ある病院づくりのために、職場環境を改善し看護師・他職種の満足を得る